バーニングカット ビール アルコール

バーニングカットが効果ありになる人と効果なしになる人の違い

MENU

バーニングカットを使いながらビール等のアルコールを飲んでも良いのか徹底検証

aruko-ru
「バーニングカット」でダイエットしたいけど、会社の付き合いでビールなどのアルコールを飲むことが多いです。
ビールやアルコールを飲んでも、「バーニングカット」でダイエットは可能なのでしょうか?

 

という、お問い合わせを頂きます。
それも1〜2通ではなく、10通くらい同じ質問を受けます。

 

「バーニングカット」は筋肉を付けて痩せやすい体質を作り、ダイエットを成功させるためのサプリメントです。
でも、ビールやアルコールを飲む機会が多い人は、それで痩せられるか不安に思っています。

 

結論から言ってしまいましょう。
「バーニングカット」を飲んでアルコールを飲んでも痩せられます。

 

ただし!
飲みすぎはダメです!
食べすぎもダメです!

 

程よい食事とお酒なら全然OKです。
むしろ、軽くアルコールを取るのは、血行促進になるのでお勧めです。

 

このページでは、アルコールを飲む機会が多い人が「バーニングカット」を飲んでも痩せられるのか、について解説していこうと思います。

 

 

○バーニングカットとアルコールの相性は?

 

「バーニングカット」にはダイエットと筋力アップをサポートする成分が豊富に含まれています。
アレルギーなどが無いかは必ず確認してほしいので、「バーニングカット」の全成分を紹介しましょう。

 

ガルシニアカンボジア抽出物、L-フェニルアラニン、還元麦芽糖水飴、サラシアレティキュラータ抽出物、微粒酸化ケイ素、L-リジン塩酸塩、L-バリン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、難消化性デキストリン、HPC、コレウスフォルスコリ抽出物/セルロース、L-ロイシン、L-トリプトファン、白いんげん豆抽出物、αリポ酸、デキストリン、クレアチンモノハイドレート、サイリウムシードガム、シナモン末、HMBCa、L-メチオニン、ステアリン酸Mg、黒胡椒抽出物、グルコマンナン、L-イソロイシン、フーディア粉末

 

もし、これらの中にアレルギーが出るような成分が入っていた場合、「バーニングカット」を飲むのは止めたほうがいいでしょう。

 

これらの成分は全て天然由来の成分なので、全て安全です。
副作用の出るような成分もありません。

 

また、お酒やアルコール(ビール、焼酎、日本酒、ワイン、カクテルなどなど)と相性の悪い成分もありません。

 

ちょっとプチ情報ですが、「バーニングカット」は薬ではなくサプリメントです。
薬とサプリメントは大きく違います。

 

薬は効果が強く出る反面、副作用もあります。
そのため、医師の処方や薬剤師がいる薬局でしか購入できません。
また、飲み合わせが悪い薬もあるので、アルコールと一緒に摂取したら副作用が出るような薬もあります。

 

一方のサプリメントは食品に分類されます。
肉や魚、果物や野菜と同じ食品なのです。

 

効果は緩やかな反面、副作用の心配はありません。
また、飲み合わせが悪いものは無く、アルコールと飲んでも問題はありません。

 

「バーニングカット」は肉や魚と同じなので、アルコールと食事を一緒にとっても問題ないように、「バーニングカット」を飲みながらアルコールを飲んでも何の問題もありません。

 

アルコールの飲みすぎは効果半減

 

いくら「バーニングカット」とアルコールの相性が良くても、ビールなどのアルコールの飲みすぎは、「バーニングカット」の効果を半減、いやほとんどなくしてしまいます。

 

「バーニングカット」にはダイエットと筋力アップに欠かせないアミノ酸が豊富に入っています。
アミノ酸は筋肉を作るタンパク質の元となる成分で、アミノ酸なくして筋肉は作られません。

 

また、筋肉が衰えると新陳代謝が落ちて脂肪を燃焼させにくい体になります。
そのため、筋肉をつけることが体重を落とすことになり、体重を落とすためには筋肉をつける必要があるのです。

 

さて、そんな貴重な筋肉ですが、アミノ酸が筋肉の元になります。
しかし、ビールなどのアルコールが体内に入ると、体はアルコールを毒素と思い対外に排出しようとします。
お酒を飲むとおしっこが近くなるのはこのせいです。

 

実は、アルコールを対外に排出しようとする働きにはアミノ酸が使われます。
筋肉を作ろうとするアミノ酸がアルコールの分解のために使われてしまっては本末転倒です。

 

しかし、お酒には血行を良くする効果もあります。
血行が良くなると新陳代謝が活発になるため、脂肪の燃焼効率が上がります。

 

そのため、「バーニングカット」を飲むなら、適度に飲んで、飲みすぎはしないようにする、これが鉄則です。