バーニングカット 副作用

バーニングカットが効果ありになる人と効果なしになる人の違い

MENU

バーニングカットには頭痛や腹痛、おならの副作用があるって本当?

hukusayou
「バーニングカット」を飲んで副作用が出ることはあるのでしょうか?

 

正解は、「バーニングカット」に副作用はありません。
ただし!用法用量を守っていれば、ですが。

 

「バーニングカット」は天然由来の成分でできているため、飲んで副作用の出るようなことはありません。
また、一緒に食べてはいけない食べ物、飲み物、一緒に飲むと弊害の出るようなサプリメントもありません。

 

ただ、薬(医薬品)を服用している場合は、一緒に「バーニングカット」を飲んでもいいか、医師に確認したほうが良いでしょう。
もし確認するのが面倒だったり、恥ずかしかったりすれば、薬を飲んでいる期間は「バーニングカット」を控えたほうが無難でしょう。

 

でも本当に、「バーニングカット」に副作用はないのか?

 

疑わしいところだと思いますので、「バーニングカット」に副作用があるのかどうか、詳しく解説していきましょう。

 

バーニングカットの成分から副作用を調査

 

「バーニングカット」には副作用の出るような成分は含まれていません。
その証拠に、「バーニングカット」に含まれている全27種類の成分を見てもらいましょう。

 

ガルシニアカンボジア抽出物、L-フェニルアラニン、還元麦芽糖水飴、サラシアレティキュラータ抽出物、微粒酸化ケイ素、L-リジン塩酸塩、L-バリン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、難消化性デキストリン、HPC、コレウスフォルスコリ抽出物/セルロース、L-ロイシン、L-トリプトファン、白いんげん豆抽出物、αリポ酸、デキストリン、クレアチンモノハイドレート、サイリウムシードガム、シナモン末、HMBCa、L-メチオニン、ステアリン酸Mg、黒胡椒抽出物、グルコマンナン、L-イソロイシン、フーディア粉末

 

これらは全て天然由来の成分です。
天然由来とは、人の手が加わってない、添加物や加工物が含まれてない、ということです。

 

そもそも「バーニングカット」はサプリメントです。
サプリメントとは分類上、「食品」に分類されます。
薬などは「医薬品」に分類されており、サプリメントとは明確な違いがあります。

 

薬などの「医薬品」は、医師の処方が必要だったり、薬剤師のいる薬局でしか販売できないものです。
理由は、効果が強い半面、副作用も強いためです。

 

一方のサプリメントは「食品」であり、ドラッグストア、コンビニ、スーパー、ドンキホーテなど、どこでも販売が可能であり購入が可能です。
これは、効果が緩やかである反面、副作用の心配も少ないためです。

 

「バーニングカット」は医薬品ではなく、サプリメントであり、副作用の心配はほとんどないのです。

 

バーニングカットで副作用が出る理由

 

副作用がないからと言って、どんな飲み方をしても良いのか、というとそうではありません。
一番気をつけないといけないのは過剰摂取です。

 

「バーニングカット」は1袋に360粒入っていて、1袋が1ヶ月分です。
そのため、1日12粒飲むのが正しい用量になります。

 

また、1回で12粒全部飲むのではなく、1日4回、1回3粒ずつ飲むのが正しい飲み方になります。
飲むタイミングも朝食前、昼食前、夕食前、運動前(または就寝前)と時間を空けて飲むのが正しい用法用量になります。

 

しかし、効果が出ないからと思って12粒以上飲んだり、いっぺんに12粒も飲んだりすると副作用の出る可能性があります。
どんなに健康的な食べ物であっても、どんなに体にいい飲み物であっても、過剰摂取をすれば副作用は起きます。

 

例えば、生きるのに必要な水をガブガブ飲み過ぎたら致死量に至ります。
それと同じで過剰摂取はどんな食べ物、飲み物でも危険な行為です。

 

そのため、「バーニングカット」は1日12粒まで、1回に3粒で4回に分けて飲む、というのを守って飲みましょう。
この飲み方を守れば、副作用が起こることはほぼないです。

 

バーニングカットで起こり得る副作用は?

 

バーニングカットの口コミを見ていると、少数ですが副作用を訴える口コミが見られました。
これらの口コミは、まず間違いなく過剰摂取をしていたり、12粒を一気飲みしていたりするのが理由です。

 

では、このような副作用が起きた人たちはどのような症状を訴えているのでしょう?

 

「バーニングカット」を過剰摂取したら起こりうる副作用は、

 

・頭痛
・腹痛
・下痢
・便秘
・めまい
・肌荒れ
・おならが出る
などなど

 

口コミを見る限りではこれらの副作用がありそうです。

 

しかし、先程も言ったように、「バーニングカット」を1日12粒、1回3粒ずつで4回に分ける飲み方をすれば、副作用の心配はほとんどありません。

 

ただ、過剰摂取した場合に、上記のような症状が出ることがあります。
なので、くれぐれも過剰摂取はしないようにしましょう。

 

組み合わせNGの食べ物やサプリは?

 

「バーニングカット」を飲んでいるときに、一緒に食べたり飲んだりすると副作用の出るような物はあるのでしょうか?
結論から言ってしまうと、ありません。

 

「バーニングカット」はサプリメント(食品)なので肉や魚、野菜、果物と一緒です。
これらの食品と一緒にサプリメントを飲んでも、何の問題もないのと同様、「バーニングカット」と食べ合わせ、飲み合わせがNGなものはありません。

 

また、他のサプリメントと一緒に飲んでも何の問題もありません。

 

ただ、「バーニングカット」には多くのアミノ酸が入っているため、アミノ酸系のサプリメントと一緒に飲んでもあまり効果はありません。
アミノ酸は上限摂取量があって、その摂取量を超えたら体外に排出されてしまうので、アミノ酸をたくさんとってもあまり意味がないのです。

 

ただ、服用している薬がある場合、「バーニングカット」との飲み合わせが良いか、医師に確認したほうが良いでしょう。
医師に確認するのが嫌な場合、薬を飲んでいる期間は「バーニングカット」を休止するといいでしょう。